銀座7丁目 入母屋

入母屋 銀座7丁目店 ライオンビル4F
個室、椅子席or炬燵式で 中高年の集まりにはぴったり。
夫のお友達のご夫婦3組での食事会に利用しました。
沙羅コース 2割引券があったので お酒代も入れて 1組16000円弱 
場所、雰囲気、個室、料理を考えるとまた使いたいお店でした。

e0047322_1655838.jpg

[PR]

by YRG00066 | 2018-02-20 10:10 | レストラン(都内) | Trackback | Comments(1)

新国立劇場 近松心中物語 観劇

新国立劇場 近松心中物語
久しぶりのお芝居観劇です。
初台の新国立劇場中劇場初めてでした。
劇場がすり鉢型なので前の方が気にならずに舞台が見られ、花道がないので階段が花道に使われるので身近に俳優さんを見ることができるのも楽しめました。
宮沢りえさんが美しかったです。
小池栄子さんと池田成志さんの掛け合いが楽しめました。
舞台の格子&赤い風車が華やかでありながらなんかもの悲しさを表現しているのも良かったです。
現実的にストーリーを考えると 親の立場になるとちょっとねですが、物語の世界美しくて素敵でした。
e0047322_15493258.jpg

e0047322_15495152.jpg

[PR]

by YRG00066 | 2018-02-17 15:25 | 楽しい事 | Trackback | Comments(0)

シネマ 歌舞伎 京鹿子娘五人道成寺 二人椀久

シネマ歌舞伎 京鹿子娘五人道成寺 二人椀久 
女方の美と華やかさ溢れる大曲と、儚い恋を描く名作の豪華二本立て

e0047322_22231864.jpg

「京鹿子娘五人道成寺」は、「京鹿子娘道成寺」を、五人で踊り分けるこれまでにない特別な演出。
美しい衣裳を纏った花子が時には代わる代わる、時には五人一緒に、花笠や鞨鼓(かっこ)、
手踊りなどで華やかに踊り次ぐ、絢爛な舞台。
玉三郎と、歌舞伎界の次代を担う花形俳優たちの華麗な舞踊です。
物語は 桜の花が咲く紀州の道成寺。鐘供養のために訪れた白拍子の花子が
艶やかな踊りを披露するうちに、みるみる形相が変わり、ついには蛇体となって姿を現す。
実は、花子は叶わぬ恋の恨みから僧安珍を焼き殺した清姫の亡霊でした。

e0047322_22234622.jpg

二人椀久は 玉三郎、勘九郎による、舞踊。
傾城松山太夫への恋しさのあまり気が狂ってしまった椀屋久兵衛は、まどろむうちに恋焦がれていた松山に再会。 二人は連れ舞をし、しばしの逢瀬を楽しんだのも束の間松山が姿を消してしまい、 久兵衛はすべて幻だったと気づくというお話です。
いつも腰を伸ばしきらずに踊る玉三郎さんが勘九郎さんが大柄なので姿勢よく踊られていてとても美しかったです。
[PR]

by YRG00066 | 2018-02-13 23:44 | 映画 | Trackback | Comments(0)

新浦安 TKビル 馳走ふくしま

新浦安 TKビル 馳走ふくしま
目立たない店構え、夜しかオープンしないお店です。
店内は大きなカウンターと 6人くらいの個室が1室。
木の香りがするおしゃれな小料理屋さんです。
先日、風邪で体調がいまいちの時に伺ったので料理&お酒をあまり味わえなかったのがとっても残念!
是非もう一度挑戦したいと思っています。
e0047322_21401170.jpg

[PR]

by YRG00066 | 2018-02-10 21:40 | レストラン(近隣) | Trackback | Comments(0)

新浦安 いきなりステーキ 

 先日から風邪をひき 治りません。5日経っても熱が下がらず、体調戻らず、食欲わかず。
こんなことはかって経験した事がありません。
病院に行って検査をして出された薬は葛根湯という事は軽い風邪?体温計 考えたら20年ぐらい前のもの これがいけないかと新しいものを購入。
夫も風邪ひいていると騒ぐのでではステーキを食べて力を付けようという事になり
昨年末にできたイオンのいきなりステーキへ!
注文は300gからです。
リブステーキを300g頼みました。肉を量って切っていただき お勘定。
そうすると番号カードが渡され焼けたら取りに行きます。
肉は堅めですが味はGOO!体調がわるくても美味しくいただけました。
肉だけではとスープも頼んだのですがこれは失敗。美味しくなくて不用でしたが
肉だけ食べに来るにはかんたんで良いなと思いました。
e0047322_229429.jpg

e0047322_22101060.jpg

帰宅後熱を測ったら大分下がっていて やはり体温計が壊れていたかと古いほうで測ったら同じでした。
ステーキ効果かな???
[PR]

by YRG00066 | 2018-02-07 22:00 | レストラン(近隣) | Trackback | Comments(2)