<   2017年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

湯布院、大分 2泊3日

湯布院、大分 2/23~25 2泊3日結婚記念日に3月末までが期限の旅行券をもらったので急遽計画驚いたことに黒川温泉はどこも宿がいっぱい。ウイークデーなのに???飛行機はたまっているマイルを使い、宿は湯布院と大分にしました。
大分空港からはレンタカーで湯布院へ
12時には湯布院に到着し  旅館の方のお勧めの 山椒郎でランチ                                                                                            

畑の中にあるおしゃれな作りの和食の店 とっても地元の野菜が彩りよく使われたお弁当、牛煮込み丼、美味しくて食器が素敵!ボリュームがないので女性向ですがお値段手頃で 近くにあったら何回もゆきたいお店でした。    
e0047322_22525160.jpg
1泊目 湯布院 山灯館
にぎやかな街からちょっと路地に入ったところにあります。13室しかない静かな料理旅館
部屋に露天風呂があり朝夕部屋食の昔ながらのお宿。
お食事もGOO!敷布団がちょっと硬かったので腰痛持ちにはちと辛かったですがよい旅館です。

車を置いて湯布院の街散歩、山下清原画展、昭和館を見学。テレビ、洗濯機、冷蔵庫こんなだったな~。若き頃のスターのプロマイド等々昭和記念館は懐かしいものがいっぱいでした。
それにしても韓国の観光客が多くてここは何処?という感じでした。韓国の方って寒い国だからなのか 寒~い湯布院でもソフトクリームを食べている方が目立ちました。
e0047322_22334224.jpg

e0047322_223478.jpg


e0047322_22355104.jpg

2日目も 温泉に入り 朝食 街を少し散歩して出発
山なみハイウエーを走り 九重“夢”大吊橋へ 小雪が舞う中、橋からは山に囲まれた360度の眺望が楽しめました。
e0047322_22464219.jpg

湯布院に戻り ケルカスでランチ
農園の中にあるイタリアンレストラン
窓からは 日本ではないような素敵な田園風景と山々
のんびり食事ができる素敵なお店でした。
e0047322_233347.jpg

e0047322_23142499.jpg


大分へ
2泊目 JR大分ブラッサムホテル
大分駅直結です。今回JRを使っていないのですが、駅前なのでとっても便利。
19階の露天風呂からの夕日、夜景が最高でした。
ここはお値段を考えるとお勧めです。

最終日は朝ぶろに入り、ゆっくり朝食 その後大分県立美術館へ
昨年できた建物はとっても素敵!こんな素晴らしい美術館を作るなんて大分県てリッチ!
開催中の展覧会は「ターナーから浮世絵、近代版画までの珠玉」
点数は多かったのですが小品が多くメリハリがない展示でちょっとがっかり。
アーケードをぶらぶらしてランチ。
天ぷら 侘助 天ぷら定食&かき揚げ天丼
かき揚げの量にはびっくりでした。
e0047322_2363036.jpg


その後駅のロータリーから空港バスで大分空港へ
急遽決めたプランでしたが 楽しい旅ができました。
[PR]
by YRG00066 | 2017-02-27 21:02 | 国内旅行 | Trackback | Comments(0)
汐留 マティスとルオー展 手紙が明かす二人の秘密

二人の40年以上にわたる心温まる交流をベースに、彼ら2人の作風の変化や、書簡のやりとりなどを時系列で展示されています。特に第2次大戦の厳しい時代から、亡くなるまでのエピソードはジーンときます。
戦時下、家族の不幸、画業に困窮していたルオーに対してマティスが油絵で使う貴重なアマニ油を送り、元気づけた手紙。
マティスが亡くなる直前、ルオーがマティスを訪問後の手紙は最後になることを予感していたのか、互いへの気遣い、親愛の情に溢れた文面でした。
20世紀の巨匠である、マティスとルオーの2人の作品を沢山堪能できるだけでなく、彼らの間で紡がれた様々なストーリーも合わせて楽しむことができる素敵な展覧会です。
全く無知な私は、ルオーの黒い縁取りの強い作風があまり好きではなかったのですが、今回、お父様がステンドグラスの職人だったというのを知り作風に影響があったのかなとかってな解釈したり、黒い縁取りに何か温かいものが感じられ好きになりました。

e0047322_21402653.png

[PR]
by YRG00066 | 2017-02-17 21:40 | 美術館 | Trackback | Comments(0)
 チャイナガーデン 銀座 麒麟

■麒麟お勧めの前菜五種盛り合わせ
■フカヒレと黒トリュフの香りスープ
■魚料理
■肉料理
■お食事(1品選択)
・四川直送特級山椒の効いた麻婆豆腐かけご飯
・お粥 
・チャーハン
・スープ麺 
■本日のデザート

e0047322_17474662.jpg


一階の席だったので 飲み物が1杯ついて4500円 
禁煙でないのと2階のお客様が元気すぎて声が響いたのはちょっとでしたが 女性同士の食事には味も良く調度良い量、デザートの杏仁豆腐がたっぷりでGOO!でした。
[PR]
by YRG00066 | 2017-02-15 17:55 | レストラン(都内) | Trackback | Comments(0)
破門 ふたりのヤクビョーガミ
いまいち014.gifまあまあ026.gifお薦め003.gif
黒川博行の第151回直木賞受賞作「破門」を佐々木蔵之介と横山裕(関ジャニ∞)のダブル主演で映画化したハードボイルドアクション。
映画プロデューサーの小清水が持ち込んだ映画企画に、二蝶会の若頭が出資をすることとなったが、小清水は映画製作の金を持ったまま行方をくらましてしまった。二蝶会の強面ヤクザ桑原は経営コンサルタントの二宮を巻き込み、資金回収のために奔走。桑原は邪魔をするゴロツキ2人を病院送りにする。しかし、その相手はなんと本家筋の構成員。これが原因で組同士の揉め事へと発展し、追う立場だった桑原と二宮がいつしか追われる側になってしまう。
さすが関西人ばかりの配役で、大阪弁のセリフのテンポが良い。
佐々木蔵之介さんのやくざぶりがかっこいい!
煙草を吸う場面が多いのが映画とはいえ気になった。
                                  まあまあ026.gif
e0047322_23224953.jpg

[PR]
by YRG00066 | 2017-02-11 23:23 | 映画 | Trackback | Comments(0)

Bunkamura マリメッコ展

Bunkamura マリメッコ展
フィンランドのデザインハウス・マリメッコに関する展覧会が、東京・渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで開かれています。
マリメッコは1951年、アルミ・ラティアがヘルシンキで創業。現在は食器や文具など多角的に展開していますが、最初はテキスタイル工場を営みながら、婦人服を生産する小さな会社でした。マリメッコという名前はフィンランド語で「マリーのドレス」という意味だそうです。
1960年代には、ケネディ大統領夫人のジャクリーン・ケネディが9着のワンピースを購入したことが話題になり、マリメッコの存在は全米に知られました。
大胆なテキスタイル、元気になれるカラフルな色合い、ドレスのデザインはシンプル
昔のものも古さを感じません。若い方が多いのに驚きでした。

e0047322_23222985.jpg


ランチは 渋谷 東急REIホテルで日替わりのカレー e0047322_23294824.jpg
スープ、サラダ、コーヒーがついて1190円
コーヒーが1杯はお替りができるのでゆっくりできました。
[PR]
by YRG00066 | 2017-02-08 23:22 | 美術館 | Trackback | Comments(1)

梅丘 美登利寿司  本店

梅丘 美登利寿司  本店  昨年末に行って満腹になりすぎたのに、またまた行ってきました。今回はタッパーを持参しました。
お刺身、蟹、雲丹の山盛+海苔、河豚のから揚げ、あんこう鍋・・・
お店と親しくしている友人に感謝、感謝
でも あ~あ 腹7分目は 難しい???

e0047322_23362669.jpg

e0047322_23364593.jpg

e0047322_2337465.jpg


e0047322_23493253.jpg
食後は羽根木公園へ腹ごなしに散歩。梅はまだ3分咲きくらいでしたがかすかな香りが漂っていました。

e0047322_23401069.jpg 駅の近くのカフェ・パ    スピエでコーヒー、本格的なコーヒーがる味わえる昭和っぽい素敵なお店でした。
[PR]
by YRG00066 | 2017-02-06 23:39 | レストラン(都内) | Trackback | Comments(0)

美味しい店、お料理、楽しかった旅行、出来事等々、自分の記憶の為に綴っています。皆様の遊びの参考になれば嬉しいです。


by YRG00066