銀座「マキシム・ド・パリ」で小学校のクラス会
昔だったら主婦には敷居が高いレストランでしたが今はそれ程でもありません。
今回は45周年プランの料理をいただきました。
e0047322_23134913.jpg

ホタテのゼリー寄せのオードブル、マッシュルームスープ、ステーキ、ミルフィーユ、パン、グラスワイン1杯、コーヒがついて3時間お部屋が使えて会費7500円。
私にはちょっと軽めでしたが雰囲気、サービスを考えるとまあ満足。
トイレにもシャンデリアがあるのはさすがマキシムです。
e0047322_23321193.jpg

銀座の歩行者天国を歩いていたら人だかり、猫が日向ぼっこしていました。
e0047322_23543680.jpg

[PR]
by YRG00066 | 2012-01-30 23:16 | レストラン(都内) | Trackback(1) | Comments(4)

昨日真名ゴルフ場から雪でクローズと電話がありそのつもりでいたら、今朝電話でゲーリープレーヤーの方なら出来るとの事で行く事に。2時からスタート。寒くて嫌だなと思っていたのですが太陽が出ていると汗ばむほど、太陽のありがたさを実感です。最後の7.8ホールは太陽が沈みちょっと寒くなりましたがその後のお風呂で元気回復。
e0047322_2319385.jpg

久々に夕食は和食処 翠州亭でとんかつ御膳で満腹。1泊して朝帰ってきました。
e0047322_23191957.jpg

[PR]
by YRG00066 | 2012-01-27 23:13 | 国内旅行 | Trackback | Comments(4)

広尾の「シェ・モルチェ」 で行われた 3741会という大昔の少年野球少年達が主催した伊東ゆかりのディナーショーに行きました。
1部は大昔の野球少年達の楽しい話を聞きながら、飲んで食べて、お腹がいっぱいになった所で2部 
元巨人軍の柴田選手が伊東ゆかりとの懐かしい話を語り本人が登場。もう65歳がまじかというのにとても美しく、張りのある歌声。素敵に年をとられています。
まずは懐かしい「小指の思い出」で始まりました。何曲か歌い、お嬢さんの宙美さんも加わりデュエット。
親子で声の雰囲気が似ているので素敵な柔かいハーモニーです。
おつき合いのつもりで参加したのですが、本当に手が届く距離で素敵な歌を聞き、美味しい物を食べて良い気分。 外に出たら雪が舞っていて寒い夜。でも気持ちはホンワカ気分で帰宅出来ました。
e0047322_2284851.jpg

e0047322_22193031.jpg

[PR]
by YRG00066 | 2012-01-24 22:09 | 楽しい事 | Trackback | Comments(7)

「2012 浦安婦人の会 新年会」に行ってみました。
芸達者の方々が多く面白いとの評判。
浦安Uセンター大広間で 220人余 浦安の元町のかなり熟年婦人の方が中心に集まって行われました。
おばさんパワー全開、歌、踊りが次から次へ、みなさんお腹から声が出ていてかなりハイレベル。
笑って、感心して、ちょっと呆れてしまうほどのバイタリティー。本当に元気な方が多いのにびっくりです。
昨年の震災時には炊き出しをして応援をしたとの事。こういう繋がりって大切だなと思いました。
e0047322_22463710.jpg

e0047322_22465633.jpg

[PR]
by YRG00066 | 2012-01-22 22:47 | 楽しい事 | Trackback | Comments(5)

聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-

まあまあ026.gifお薦め003.gifいまいち014.gif

山本五十六 良く知っているようで人間生はあまり知らない。というか私はあまり興味がありませんでした。
今回チケットをもらったので見て来ました。戦争に反対しながら戦争を指揮して行く苦悩、戦争を指揮すると言う事は人の命を操ってゆく事。終盤、彼は何を見ていたのか。その表情は無常、増えるばかりの戦死者に対する無念、もう自分の力ではどうすることも出来ない諦観を感じます。あくまでも映画の中ではですが最後の戦死は自殺にも通じる感じを受けてしまいました。
またマスコミの恐さ、新聞が戦争を鼓舞する記事を書き、国民を先導し戦争に進んで行かせ、終戦後には手のひらを返した様に「民主主義」や「共産主義的方向」へ転じて行く様子。
今の時代も同じ、常に自分の考えを持ちマスコミに流されないようにする事の大切さをあらためて感じ、
役所広司さんはもちろん玉木宏さんってハンサムなだけなのになぜ?と思っていたのですが良い作品に抜擢されるのがわかりました。
戦争映画というだけで毛嫌いせず見ても良い映画です。お薦め003.gif
e0047322_2244185.jpg

[PR]
by YRG00066 | 2012-01-21 22:43 | 映画 | Trackback | Comments(0)

地元の友人達と近くの「舞浜ユーラシア」で新年会。
この日はこの冬一番の寒さ、雪が舞っていました。
でも家の近くから送迎バスの往復。すべて揃っているのでなにももって行く必要がありません。
友人が期間限定の割引券を持っていたので入場料1000円。
朝から雪を眺めながら温泉に入り、生ビールで乾杯して昼食。
まったくのすっぴんで集まり、ワイワイ盛り上がり解散。
のんびり、安上がりに楽しめました。

e0047322_16545954.jpg

[PR]
by YRG00066 | 2012-01-21 17:00 | 楽しい事 | Trackback | Comments(0)

叔父77歳 喜寿、叔母75歳 仕事引退 を祝ってご本人達が親戚を招いて「感謝の集い」を開催。
あるようでない面白い企画です。
この所親戚が集まるのは葬祭関係ばかり、これではつまらないと叔父叔母が計画してくれました。二人が元気にここまで来れたのは家族、親戚、のお蔭といつも食い違う二人の意見が一致したとの事。
目白「椿山荘」で22名が集まり、ワインを飲み、美味しい食事を楽しみながら 自己紹介、叔父叔母との関わりを話し和やかな2時間半。
「絆」という言葉が嫌いという叔母、従姉妹たち、そして私、ちょっとへそ曲がりな血筋を感じました。
子供に頼らず自分たちでパソコンで招待状を作り、企画をした叔父叔母(叔母中心)の行動力に感心。
自分が75歳になった時にできると良いなと思いました。
e0047322_2247554.jpg

[PR]
by YRG00066 | 2012-01-15 22:50 | 楽しい事 | Trackback | Comments(4)

伊豆土肥温泉 1泊旅行

お正月は毎年沖縄に行っていたのですが今年は二人の予定が会わず中止。
お手軽な東京駅から送迎バス付きの西伊豆土肥マリンホテル一泊に行く事に。
送迎バスはマイクロバスですがお客さんは私達だけ、貸し切り状態で寝たり、食べたり自由自在。
土肥温泉は時期が時期だけに人が少なくのんびり。近所を散歩、夕陽を眺めながら昼寝、安~いプランだったので期待していなかったのですが食事も満足。
2日目は堂ヶ島に脚を伸ばし「蘭の里」を見学。観光客はまばらでしたが蘭の数、素晴らしさには感激でした。
帰りも送迎バスは私達だけ、ラッシュになる時間まえに出発をお願いしたので3時間で東京に着く事が出来ました。
ゴルフを始めてから何もしない久しぶりの温泉旅行。一泊でしたがのんびりして良かったです。
e0047322_22231746.jpg
近所の公園の花時計
e0047322_22235848.jpg
部屋からの夕陽
e0047322_22245249.jpg
鮑、金目、伊勢海老も有り満足
e0047322_222804.jpg
e0047322_22281633.jpg
豪華な蘭がいっぱい
e0047322_22284731.jpg
海が一望
[PR]
by YRG00066 | 2012-01-11 22:28 | 国内旅行 | Trackback | Comments(2)

国立劇場で正月歌舞伎「三人吉三巴白波」「奴凧廓春風」を見て来ました。
 「三人吉三巴白波」 作:河竹黙阿弥 「月も朧に 白魚の 篝(かがり)も霞む 春の宵(中略) こいつぁ~春から 縁起がいいわえ」
この有名なセリフの部分だけしか知らなかったのですが、ストーリーがお正月にしては結構おどろおどろしいのにはびっくりでした。さらっとしているので陰惨さはありませんでしたが十三郎とおとせの関係が畜生道の為の結末はこれで良いのかな~?ラストの雪の舞うシーンは華やかで美しかったです。
「奴凧廓春風」作:黙阿弥
踊りがメインの舞台、初春のめでたい雰囲気満載の華やかな踊りで、松本幸四郎、市川染五郎、松本金太郎親子3代が出演。金太郎君の一生懸命な可愛さが客席を笑顔いっぱいにしてくれました。
華やかで楽しく正月気分が満喫できる舞台でした。
e0047322_004981.jpg

[PR]
by YRG00066 | 2012-01-10 00:01 | 楽しい事 | Trackback | Comments(0)

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
いまいち014.gifまあまあ026.gifお薦め003.gif

ロシア・クレムリン爆破事件の犯行容疑がかけられたイーサン・ハント(トム・クルーズ)。アメリカ大統領は政府の関与への疑いを避けるべく、ゴースト・プロトコルを発令。イーサンと仲間は組織から登録を消されるも、新たなミッションを言い渡される。真犯人への接近を図るイーサンは、世界一の高層ビル、ブルジュ・ハリファの高層階へ外部からの侵入にチャレンジする……。

手に汗握るスピーディなストーリ展開。舞台もロシア、ドバイ、インドとめまぐるしく変わります。
ドキッ!!思わず目をつぶってしまうシーンの連続。
中でも、一番の見せ場は、なんといってもドバイの超高層ビルクライムシーン、あり得ないとわかっていても 臨場感抜群で目が釘ずけの緊迫したシーンが多いのですが、その緊迫したシーンにクスッと笑える台詞があり、楽しめます。上映時間132分とシリーズ最長ですが、長さを感じさせません。映画館、大スクリーンで見るべき映画です。     お薦め003.gif薦め003.gif

e0047322_2302873.jpg

[PR]
by YRG00066 | 2012-01-08 00:09 | 映画 | Trackback | Comments(0)