交通事故のような検査入院10日間。
7日間の絶飲食、そして油禁の食事
昨日普通食OKの許可が出たのでまずは京風お寿司を食べに行きました。
寿司 468
468と書いてヨーロッパ、印象に残り、覚えやすい名前とつけたそうです。
店内はカウンターのみ10席ぐらい、ご主人が一人でやっているこじんまりしたお店です。
鯖寿司、穴子寿司、箱寿司と芋吸 を食べて満腹。
芋吸はじゃが芋のお吸い物、これが優しい味でGOO!
寿司の飾りの笹の葉は蛙、ご主人が一つづつ暇な時に切っているとの事。
暖かい気持ちになれるお店でした。
e0047322_21541253.jpg
e0047322_21562936.jpg
e0047322_21542994.jpg


 
[PR]
by yrg00066 | 2011-07-30 21:57 | レストラン(都内) | Trackback | Comments(4)

e0047322_23142765.jpg
6月に人間ドックを受け、膵管肥大なので再検査をすすめられました。インターネットで調べると膵臓管肥大って怖い事ばかり書かれています。
血液、尿などの数値正常、体調まったく元気。でも母が膵癌で亡くなっているのでやはり心配。
すっきりするため順天堂病院で再検査。内視鏡的膵胆管造影(ERCP)検査を受ける事に。
1~2泊入院しての検査とちょっと大ごとなので北海道が終わってからと7/15日に予約を入れていました。前日9時以降飲食禁止。15日は朝食抜き、お腹ぺこぺこで病院到着。
病室に行き準備、看護婦さんから1泊は難しい場合もありますよと言われ、まあ仕方ないかと思っていました。
そして麻酔をかけられ検査。ここまでは予定どうりだったのですが~~~
検査が終わり麻酔が抜けてくると胃&背中辺りが激痛で身体が伸ばせません、そして吐き気、吐く物は緑の苦い液体(たぶん胆汁)これはいったいどういう事???
ERCP検査によって急性膵炎を起こされてしまったのです。e0047322_2319616.jpg
点滴、尿袋をつけられまったく動けず、絶飲食7日間。
検査の説明書をよく読むと合併症の頻度は0.112%
万が一起こった時は適切な治療を行うと記されていました。
1000分の1の確率に入ってしまうなんて、宝くじなら嬉しいけれど・・・ 
あまりの自分の運の悪さに驚きです。
今までお産以外入院した事がなかったので、点滴、尿管装着等々初めての経験。
自分で自由にトイレに行ける、顔を洗える、腕を振って歩ける、いつも普通にできる事がとっても幸せなんだと知りました。
8日目から食事が許され。10泊。そして本日、無事退院できました。
本当にいつ何が起こるかわからないなと実感です。
そして病気の方って多いんだなと自分が今まで健康に暮らせていた事に感謝。
痛い思いをしてお礼を言ってお金を払って退院、こんな場合でも?とちょっと納得できてはいないのですが まあ、元には戻りそうなのでしかたないか?

病院の覚書
順天堂病院は点滴を研修の先生がなさるので下手な先生だと結構悲劇、
人柄は良い先生なので我慢は出来ましたが痛かったです。
看護師さんは皆優しくて息子の嫁に欲しい気分。
夜九時消燈は早すぎ。
携帯が自由に使えるのはびっくり。
今回食事は油禁食。美味しい物はありませんでした。
[PR]
by yrg00066 | 2011-07-24 22:06 | 健康.美容関係 | Trackback | Comments(7)

JTB 日本のてっぺん 稚内、利尻、礼文3日間 に行ってきました。

1日目 9:10発 羽田空港発-稚内空港
  稚内公園(氷雪の門・南極観測樺太犬記念碑、北防波堤ドーム
  稚内港~(約100分)~香深港     礼文島(泊)

2日目【5:30】発
  早朝礼文ゆっくりお花のハイキング
  江戸屋山道散策 澄海岬 スコトン岬 
  香深港 礼文島~  鷲泊港 利尻島 
  ゴマアザラシ見学 オタトマリ沼 等々 利尻島(泊)

3日目【5:30】発
  姫沼散策
  鷲泊港 利尻島~稚内港
  稚内空港発ー羽田空港着

8:30に羽田に集合して 稚内へ 
到着時は23度 爽やかな気候。日本は広いと感激
日本最北端の宗谷岬は15℃ 肌寒いほどでした。
e0047322_23455873.jpg

昼食は蛸しゃぶと毛蟹 黙々と食べることに専念。
カモメに追いかけられながらフェリーで礼文島へ。
e0047322_2347697.jpg


2日目は朝5:30に集合して桃岩展望台散策
e0047322_23472394.jpg
e0047322_23474115.jpg
e0047322_23475824.jpg

自称シカ君、喋り方魚君そっくりなガイドさんのe0047322_23501429.jpg
説明を受けながら美しい花の中をゆっくり歩いて自然を満喫。
黄色い蝸牛を見つけました。
                                                                                                                   

                                                                          


                            昼食は具だくさんの海鮮丼 
e0047322_2205867.jpg

昼食後フェリーで利尻島へ 靄がかかっていて利尻富士は見えず、残念。
着後 海底探索船で海の中をのぞき、海胆がたくさんいるのを確認。
抽選で生うにを食べる権利を獲得。採りたての海胆は海水の辛さに反比例、甘かったです。
e0047322_2213131.jpg

豆知識:一つの海胆からは食べれる部分は必ず5つ。
     その一かけらのコルステロール量は卵3個に値、という事は1個食べると15個分。
e0047322_22228.jpg
e0047322_2221899.jpg

霧が深く夜の星空見学は中止。
屋上に上ると夜の利尻富士を見る事が出来ました。

3日目 朝5:30から姫沼散策 湖面に映る木々の緑の美しさに感激。
e0047322_2263956.jpg
e0047322_2265591.jpg

利尻島からフェリーで稚内へそして羽田へ。
あっという間の3日間。
涼しい北海道から灼熱の東京へ。
昼食は羽田の南国酒家で中華を食べて日常生活に戻りました。
[PR]
by yrg00066 | 2011-07-12 23:25 | 国内旅行 | Trackback(1) | Comments(4)

腰痛 自分療法

先月 5/30日に腰痛が始まりました。
といってもぎっくり腰ではないので動けないと言うほどではなく、腰痛ベルトを着けて旅行へ出発。
その後病院に行ったら第4腰椎すべり症と言われました。
これはどうもお産後にしっかり腰を締めて戻しておかなかった事が要因のようです。
高洲整形外科には温め、電気、マッサージに通いe0047322_23315424.gife0047322_2338183.gif
整体「カラダファクトリー」に2回
そして腰椎体操に励み 何とか普通生活に戻れました。

いろいろ試し自分なりの結論。
整体は初めの1~2回は効果あり(料金が高いので毎週続けるのは考えもの?)
はっきりとした効果はわからないけれど整形外科でマッサージも気持ち良い
後は地味に自分で体操、マッサージ 

腰痛は完治することはないのでこれからは自分で調整しながらの生活が必要なようです。
ビルだって60年もしたら取り壊し、人間もいろんな所にがたが来るのはしかたないかと思っています。
それにしても腰痛の人が多いのにびっくり。今まで腰痛を知らなかった事に感謝の気持ちです。
[PR]
by yrg00066 | 2011-07-01 23:26 | 健康.美容関係 | Trackback | Comments(9)