久しぶりの家族旅行。息子、娘の都合でしかたなく、土日の旅。
名古屋で息子と合流、車で伊勢神宮へ。
雨の予報だったのが何とか曇りなのはありがたかったのですが蒸し暑くてふ~ふ~!
伊勢神宮 おかげ横丁「豚捨」で昼食。
牛肉が美味しいので豚を捨てて牛を食べた事から付いた名前とか。分厚いロース肉が口の中でとろける美味しさ。確かに豚は食べなくて良いなと名前に納得できる美味しさでした。
名物のコロッケも食べて満腹。外で立ち食いだと1つ85円なのに店内だと2つで270円なのは???
e0047322_2221868.jpg
e0047322_21533369.jpg

食後 伊勢神宮、内宮、外宮を回りました。
深い緑の神宮内、茅葺屋根に金の飾りのついた建物との色合いがとても新鮮でした。 e0047322_2201482.jpg
e0047322_231234.jpg







宿泊は今年4月りニュアルした鳥羽国際ホテル
今回はせっかくだからと奮発して「オーシャンウィング オーシャンビュー・スイート 56㎡ 」
ベッドに寝ながら外を見ると一面に海。海の中の島にいる気分でGOO!
e0047322_22151235.jpg

e0047322_2342373.jpg
夕食はサッカー(日本対オランダ)を見るため慌ただしく食べたのがちょと残念でしたが
鮑のステーキは絶品!すべて美味しかったです。
e0047322_22551030.jpg
e0047322_2254235.jpg


朝食はバイキング。このバイキングも美味しい物がいっぱい。幻の海鮮スープは家族皆お代りをしました。
おやつにはチーズケーキを車に持ち込み食べました。これも美味しかったです。
お部屋、食事、サービス 満足できたホテルでした。
娘の希望で石神さん
e0047322_234725.jpg
女性の願いをかなえてくれる神様との事で若い女性がいっぱいでした。
観光船で鳥羽湾めぐりをして名古屋へ
名古屋では息子のお勧めの中華「來來 煌星華」で夕食。汁無 坦々麺がとても美味しかったです。e0047322_23103881.jpg
1泊だけでしたが美味しい物をたっぷり食べる事が出来て満足。
メインの費用は親持ちですが子供達も父の日という事もあり 昼食等は出してくれて感激。
大人になったんだなと感じられ嬉しかったです。
[PR]
by yrg00066 | 2010-06-22 21:40 | 国内旅行 | Trackback | Comments(3)

お薦め003.gifまあまあ026.gifいまいち014.gif

ISSJチャリティ映画会「約束の旅路 」
友人から誘われて下調べなしに見たので、作品の背景のエチオピア系ユダヤ人について、また「モーセ作戦」について、何も知りませんでした。e0047322_23354816.jpg
アフリカの大地に、ユダヤ人の中では唯一の黒人である「エチオピア系ユダヤ人」が、侮蔑され、隠れるようにして住んでおり、彼らは、いつか聖地エルサレムに帰りたい、帰れると信じていました。
エチオピアで起こった大飢饉をきっかけに、イスラエルとアメリカが指揮をして、彼らをイスラエルに戻そうとしたのがモーセ作戦です。ところが、エチオピアは移民を禁じていたので、密かに出国しスーダンの難民キャンプまで歩いて移動、スーダンからイスラエルまで空輸でした。しかし、スーダンに着く前に、4千人もの人が飢えや疲労により亡くなってしまったようです。
主人公シュロモは、父を戦争で亡くし、母と兄弟と、歩いてスーダンへ。その際妹を亡くし、キャンプで兄を亡くします。母は、キリスト教のエチオピア人であることを隠して、彼をユダヤ人(他人にして)としてイスラエル行の便に乗り込ませます。「行きなさい。生きてなにかになりなさい」と母に追い立てられるようにして始まったイスラエルでの生活、「なぜユダヤ人としてイスラエルに住まなければならないのか」「いったい自分は何者なのか」「自分の帰る場所はどこなのか」というアイデンティティーの欠如での彼の苦悩が回りの温かい人々によって乗り越えて行く姿が描かれています。
感動的な映画ではありましたが歴史を知らないで見ると理解できない部分が多く、下調べをせずに見たことを後悔しました。そしてあらためて日本は楽(?)な国なんだなと感じました。
まあまあ026.gif(背景を知らずに見たので私にとってはですが。)


[PR]
by yrg00066 | 2010-06-18 23:30 | 映画 | Trackback | Comments(1)

めぐり姫で諏訪湖畔「ぬのはん」へ日帰り旅行。
ぬのはんの個室でゆっくり緑の庭を見ながら美味しいお食事、そして温泉も楽しめ お喋り三昧。
往復の指定席も付いて11000円
e0047322_2221760.jpg

出発時東京は雨だったのに諏訪湖は曇り空で帰るときまで雨に降られず、涼しくて散歩日和。
ガチョウ、サギ、トンビ、いろいろな鳥を観察。
その後、古い民家の喫茶店でケーキをいただき電車に乗り込みまたお喋り。
日帰り温泉旅行、ランチだけよりもお喋りを充分に楽しむことが出来ました。
e0047322_2282780.jpg
e0047322_2284827.jpg
e0047322_2294064.jpge0047322_2292055.jpge0047322_22151249.jpg
[PR]
by yrg00066 | 2010-06-16 22:11 | 国内旅行 | Trackback | Comments(1)

劇団四季「アイーダ」

e0047322_23281080.jpg劇団四季の「アイーダ」を見てきました。
 時代は古代エジプト、ファラオの時代。エジプトの南方にはヌビア王国があり、その国王はアモナスロ。しかしエジプト軍は強く、次々と近隣諸国を平定していた。エジプトの若き将軍ラダメスはエジプトの宰相ゾーザーの息子。ラダメスはヌビアの国を平定し、捕虜を連行して凱旋帰国。ヌビアの王女アイーダもその捕虜の1人だった。ラダメスの許嫁はファラオの娘である王女アムネリス。凱旋帰国したラダメスに対して、ファラオは、7日後に結婚の儀式を挙げるよう命令した。 しかし、ラダメスは幼なじみのアムネリスを大切に思ってはいるものの、男女の愛はなかった。そしてヌビアの奴隷であるアイーダの勇気や気高さに惹かれていく自分をどうすることもできなかった。そんな中での、ラダメスとアイーダ、そしてアムネリスとの間で展開される愛と国を背負っている者が負う義務との葛藤のストーリー。
流石劇団四季。歌唱力の素晴らしさに感動!!!。本当に見られて良かったと思える作品でした。
[PR]
by yrg00066 | 2010-06-15 23:30 | 楽しい事 | Trackback | Comments(0)

「告白」

お薦め003.gifまあまあ026.gifいまいち014.gif
告白
原作は我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示すという場面から始まります。ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫ってゆくという新しい形の小説。e0047322_0545449.jpge0047322_0554425.jpg 読み始めると、次の人の告白が早く読みたくなり一気に読んでしまいました。
でも感想としては凄い!怖い!ふ~!という感じ。
その作品が映画になったと言うのできっと後味は悪いかなと思いつつ見に行きました。
小説に忠実で、より凄い!怖い!そして救いがない。
ふ~~~^!という感じでした。
日本もこんな映画を作るんだ。松たか子さんは女優だな。子供達の演技もうまい。画面も面白い。
映画としてはレベルが高い。なので私の好きなタイプの映画ではありませんがやはり 
お薦め003.gif
[PR]
by yrg00066 | 2010-06-13 00:46 | 映画 | Trackback | Comments(1)

代官山 「蕎麦 てりあ」

e0047322_0133715.jpg代官山に住む友人が面白いお蕎麦屋さんがあると言うので行ってみました。
代官山の駅から2分。代官山 蕎麦 てりあ階段を上り、おしゃれな扉を開けると白を基調にした店内の壁面には絵画がいっぱい。画廊になっています。  
絵画とお蕎麦が一緒に楽しめるお店。インテリアは黒と白でモダンな雰囲気。お店の方もお蕎麦というよりイタリアン。
e0047322_0135882.jpgそしてお蕎麦は白いお皿に盛られて運ばれてきます。なのにお蕎麦はしっかりとした十割蕎麦。
具だくさんの玉子焼きも美味しかったです。
お値段もお手頃、女性一人でも入りやすい雰囲気のお店です。
夜はワインも楽しめるとの事。
新しい感覚の素敵なお店です。
[PR]
by yrg00066 | 2010-06-13 00:04 | レストラン(都内) | Trackback | Comments(2)

屋久島は自然がいっぱい

屋久島に友人と3人、3泊4日で行ってきました。
緑いっぱいの自然の島。最近はパワースポットと言われて若い人にも人気があるようです。

2日目
残念なのは縄文杉に行く日、朝から大雨(地元の人には普通の雨らしいです)
朝3時半 目覚めたときに雨音が、天気予報では晴れだったので信じられない気分でした。
それでも個人ガイドを予約していたので雨の中を4時半に出発。レンコートを着こみ登山開始。
トロッコ道は歩きやすかったのですが山道は足元が滑ります。
ガイドさんは友人たちの荷物をしょっていたためか気弱、この辺で骨折した人がいる、心臓まひで亡くなった人もいると怖い話ばかり、ウイルソンの森に着いた時に引き返すことになってしまいました。私自身は元気だったので他のグループに入れてほしいと友人たちも頼んでくれたのですが頭の固い暗いガイドさんの許可が出ず断念。AM10時半。体力差がある場合は個人ガイドでない方が良いと反省、そして友人たちも後からもう少し頑張ればよかったと言っていました。ちょっと心残りな縄文杉ツアーでした。
e0047322_2234227.jpg
e0047322_22342999.jpg
e0047322_22344917.jpg


3日目
バス、車で屋久杉ランド、千尋の滝、大川の滝等の島内見学。
そして広いホテルの庭を散策。
ホテルの庭には鹿がいたり、滝があったり、ゆっくりのんびりお喋りをしながら楽しめました。
夜はウミガメの産卵見学ツアーに参加。
夜の島は鹿が道路まで出てきていたり、蛍、蛙、狸等、そして満天の星空
ウミガメは静かにのっそりと海に上がり 産卵する場所を探し納得行く場所を掘り起こし生み始めるのです。
その場面を見せものにするのはと思う気持ちもありましたが感動的でもありました。
e0047322_22351721.jpg
e0047322_22354031.jpg


3泊4日 いわさきホテルに三泊。同じホテルに連泊だったのでのんびりできました。
自然がいっぱいで美しい屋久島。
縄文杉にたどりつかなかったのが心残りではありますが楽しい良い旅行でした。
[PR]
by yrg00066 | 2010-06-08 21:47 | 国内旅行 | Trackback | Comments(3)