<   2010年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

銀座「花大根」でランチ

銀座「花大根」は、お箸専門のお店が経営している和食のお店。
自家製豆腐や味噌焼き等を一人ずつのミニコンロで温める"温ざら料理”が、ランチなら1000円から頂けます。
今日は自家製豆腐御膳をメインに蕎麦サラダ、三点盛りをお願いしました。土鍋でお豆腐が出来て行くのを楽しみながらゆっくり食事が出来ます。
そしてランチで出てくるお箸がお持ち帰りできるののです。その上サービス券をいただいて同じビルの6階にある「小夏」という、子ども向け和食器屋さんに持って行くとさらにもう一膳もらえます!
6階の「小夏」は子供の和食器や可愛いお人形がいっぱい。今は季節がらつるし雛が所狭しと飾られています。1階の「夏野」はちょっと大人っぽい物が中心のお箸のお店です。
食事をして可愛い物を楽しみ、お箸を2膳も頂いてちょっと得した気分になりました。
e0047322_234120.jpg

[PR]
by yrg00066 | 2010-01-30 23:05 | レストラン(都内) | Trackback | Comments(4)
外泊好きの我が家 安く泊まれるという事で大森の「モントレ山王ホテル」へ
折角だからと大森に住んでいる友人のご夫妻と食事をすることになりました。
友人のお勧めで大森駅近くのイタリアン「IL BARBERO イル・バルベロ」へ。
駅近なのに静かで品の良いレストラン。外見はヨーロッパ風な重厚な造り、内装は天井が高くモダンなオープンキッチンになっていて素敵です。お客さんは御夫婦、お友達といろいろですが年齢層が高めで落ち着いた雰囲気でした。
メニューの選び方が面白く 前菜、スープ、パスタ、魚料理、肉料理から自由に何品か選ぶのです。肉料理ばかり選んでも、前菜ばかり選んでも料金は下記のようになるのです。ワインもお手頃で安心して頼めます。
1品 ¥1,800- 2品 ¥2,700- 3品 ¥3,600- 4品 ¥4,500-
(アミューズ・デザート・コーヒーが付きます)
e0047322_2143686.jpg

大森散策
文士レリーフ
天祖神社の石垣にレリーフ。街角にゆかりの芸術家・文人の解説碑がたっています。大正から昭和初期にかけて大森駅西口の山王から馬込にかけて、尾崎士郎、宇野千代、萩原朔太郎、室生犀星、北原白秋、川端康成などの文学者や芸術家が住んでいたのを記念してレリーフを作ったとの事です。
レリーフの宇野千代が若いのには驚きました。

e0047322_22101684.jpge0047322_22103944.jpg












池上本門寺駅前からバスで池上の本門寺へ
総門をくぐり長~い石段をあがると仁王門(山門)の先に大堂が見えてきます。
約4000坪という境内は広々としていて人が少なくどこかに旅行に来た気分になりました。
梅園にも行きたかったのですが次の予定があったのであきらめました。
東京ってまだまだ知らないところがいっぱいありそうです。東京散策をしてみたくなりました。
e0047322_2314576.jpg

[PR]
by yrg00066 | 2010-01-27 11:51 | レストラン(都内) | Trackback | Comments(0)
青山の246沿いの国連大学の手前のビルの10階の「BENOIT」でランチ。
10階でエレベーターを降りると、窓からは 青空の中に 山々、高層ビル、緑が目に入ります。
 青山でこんな景色を見る事ができたのには感激!
コートを預かっていただき、さらに螺旋階段で11階へ。
板張りの床に、テラコッタ調に色づけされた壁、窓際にはシルクジャスミンの木やオリーヴの木、何処にいるんだったのかしら??とふっと思います。
お客さんは圧倒的に女性のグループが多いのですが サラリーマンではないおしゃれな男性もチラホラ。
お料理ももちろんおいしかったですが、デザートがGOO!私はkミルフィーユ、友人はチョコレートケーキのアイスクリーム添え。紅茶は美味しいアールグレイを鉄瓶でたっぷり頂けお代りも快くしていただけます。
時間に追われることなく、心地良い空間でゆっくり食事、お喋りを楽しめました。
今回は3500円のものにしましたが雰囲気、サービス 満足できました。(ランチは2000円~)
e0047322_2321543.jpg

[PR]
by yrg00066 | 2010-01-26 23:27 | レストラン(都内) | Trackback | Comments(3)
銀座の7丁目すずらん通りにある台湾屋台料理店「来来」
銀座歩きの帰りに立ち寄りました。
銀座には珍しい台湾の屋台料理の小さな庶民的なお店です。
料理は大体が5~700円ぐらいですが量が少なめ。
でもその分いろんな種類が頼めるから嬉しいです。
今回頼んだ切干大根入り玉子焼きは歯応えが楽しめ家でも作れそうな一品でした。
お店の方は台湾の方が多く、サービスが必要最小限なのが妙に居心地が良く
ぜひまた来たくなるお店でした。
e0047322_23344932.jpg

[PR]
by yrg00066 | 2010-01-21 23:39 | レストラン(都内) | Trackback | Comments(4)
e0047322_1122820.jpge0047322_11114332.jpg











「舞浜ユーラシア」ホテル棟
オープン記念企画 一泊朝食バイキング付き4800円との事で近所の友人と新年会。
3時にチェックインしてあくる日の10時のチェックアウトまで お風呂に入ったり食事をしたりのんびり。
火曜はレディースデイでビールが半額。1泊2食、ビールも飲んで8000円でお釣りがきました。
家が近いと交通費も無し、お安く遊ぶにはお勧めです。
ただサービスの融通が利きません。2時半ごろ着いたので少し早めにチェックインさせて欲しいと思ったのですが3時にならないとチェックインができません、ロビーにお年寄りも待たされていました。もう少し臨機応変なサービスをしていただけたらと思いました。
[PR]
by yrg00066 | 2010-01-20 11:24 | 国内旅行 | Trackback | Comments(2)
e0047322_0254758.jpg国立劇場 平成22年初春歌舞伎公演 
『旭輝黄金鯱(あさひにかがやくきんのしゃちほこ)』の招待券をいただいたので行ってきました。
【あらすじ】
盗賊、柿木金助(尾上菊五郎)は、大凧を用いて尾張・小田春長(尾上松緑)の居城である那古野(なごや)城天守の鯱(しゃちほこ)を奪い取ります。
鯱の内部に隠されていた小田家秘伝の書物によって妖術を身につけた金助は、この力を用いて小田家を滅ぼし、天下取りを企てます。小田家の家臣、鳴海春吉(尾上菊之助)は、書物を奪い返す為に金助を追いかけますが.....

復活狂言と言っても堅苦しいものではありません。
大凧に乗って屋根に舞い降りたり、金のシャチホコに乗って飛んだり、千手観音ならぬ金鯱観音ではエグザイルのはチューチュートレイン。「木曽川の場」では本物の水の中を金の鯱と格闘。 松平健さんもびっくりの庶民的な華やかさ、飽きさせないテンポのよさと今の話題がとりいれられた舞台。サービス精神溢れる舞台でした。歌舞伎役者って芸人なのだなと思いました。
[PR]
by yrg00066 | 2010-01-16 00:23 | 楽しい事 | Comments(2)
e0047322_21482044.jpg
築地の鉄板焼き「黒澤」は築80年の民家を改造した、大正ロマンの香り漂う、雰囲気のあるお店です。
建物が気になって前々から行ってみたいと思っていました。
格子戸をあけて玄関を入り、店に上がる時に靴を脱ぐのかどうか一瞬迷いました。日本家屋は靴のまま家に上がるのはちょっと抵抗があるものですね。
店内には、黒沢監督の撮影風景の写真やご本人が描かれた絵が飾られていて懐かしさを感じます。

今回は特製フォアグラ入りハンバーグ (1日限定10食)を頂きました。
あら引き目の牛肉に中にはフォアグラが入っていて口の中で
フォアグラの風味が広がります。トロットした食感。
ただ 陶器のお皿で食べるので急いで食べないとハンバーグが覚めてしまうのが残念でした。
食事の後は二階のサロンでゆっくりコーヒーを頂きながらおしゃべりができます。
会計を済ませてお店を出ても、角を曲がるまでお店の方が手を振って見送ってくださるのには感激でした。
築地の街中でタイムスリップしたような懐かしい雰囲気の中でゆっくり食事、楽しいひと時でした。
e0047322_21484991.jpg

[PR]
by yrg00066 | 2010-01-13 21:41 | レストラン(都内) | Trackback | Comments(1)
皆様 本年もよろしくお願いいたします。

e0047322_2057873.jpg
暮れからお正月、大人になった子供達が来ており、
親族の新年会をしたり(本当は喪中なのですが)
楽しく、賑やかで慌ただしく、忙しい生活でした。
元旦には夫と近くの神社に初詣。
小一時間並んでやっとお参りができました。
不景気なので神頼みなのでしょうか?
例年より賑わっていたように思いました。






4日から日常に戻り今日は友人と上野で開催中の「聖地チベット-ポタラ宮と天空の至宝」に行ってきました。
展示数が多く充実した展覧会でした。
日本の仏像とは違い密教の仏像は複数の頭や手があり、そうでないものもドクロの冠などを身につけています。
全体的にどの仏像も華やかで艶かしいというか妖しい雰囲気がありその多彩な表情は見ていて飽きません。そして細工の見事さに目を見張ります。
私のように仏像に興味がない人でも楽しめました。
e0047322_20294084.jpge0047322_20295729.jpge0047322_2030137.jpge0047322_20303189.jpge0047322_930980.jpg
[PR]
by yrg00066 | 2010-01-06 20:37 | 美術館 | Trackback | Comments(5)

美味しい店、お料理、楽しかった旅行、出来事等々、自分の記憶の為に綴っています。皆様の遊びの参考になれば嬉しいです。


by YRG00066