カテゴリ:海外旅行( 57 )

エジプトに行ってきました。

12月8日から日本旅行「ナイルの夢紀行8日間」に参加。

1日目 【13:30】成田空港発 →【20:30】カイロ着 
    エジプト航空の直行便                           <ギザ泊>
2日目 3大ピラミッドとスフィンクス観光。クフ王のピラミッドに入場
    メンフィス・サッカラ・ダハシュール観光。
    メンフィスでは○ラムセス2世の巨像や○アラバスターのスフィンクス、
    サッカラでは階段ピラミッド、 ダハシュールでは屈折ピラミッドを見学。 <ギザ泊>
3日目 空路、アブシンベルへ
    アブシンベル神殿観光。
    エジプト屈指の岩窟神殿アブシンベル大神殿と
    その最愛の王妃ネフェルタリのために建てられた小神殿を観光。
    ■空路、アスワンへ 
    5つ星のクルーズ船アマルコ号 に乗船
    アスワン市内観光、アスワンハイダムや切りかけのオベリスクなどを見学
    イシス神殿見学
    ナイル河の雄大な流れを楽しめる高台でティータイム          <船中泊>
4日目 コムオンボへ向け出航
    コムオンボ神殿(二重構造の壮麗な神殿)観光。
    観光後、エドフへ向け出航。
    ホルス神殿観光。
    ルクソールへ向け出航。                          <船中泊>
    ■夜、船内にてガラベイヤ(民族衣装)パーティー<船中泊>
5日目 ルクソール西岸遺跡観光、 王家の谷、メムノンの巨像、ハトシェプスト女王葬祭殿
    ルクソール東岸遺跡観光、 カルナック神殿やルクソール神殿◎などをめぐります。
    ■夜カルナック神殿の音と光のショー                   <船中泊>
6日目 クルーズ船を下船し、空路、カイロへ                     
    カイロ市内観光。
    モハメッド・アリ・モスクや、カイロ最大のバザール、ハン・ハリーリへ
                                        <カイロ泊>                 
7日目 ツタンカーメンの秘宝・黄金のマスク、ミイラ等
    カイロ発祥の地、オールドカイロ観光。
     聖セルギウス教会やエジプト最古のモスク、ガーマ・アムルを見学
     ■空路、エジプト航空の直行便にて帰国
                                        <機中泊>
8日目  成田空港着

e0047322_22412390.jpg
e0047322_2359432.jpg
e0047322_22414912.jpg
e0047322_224276.jpg
e0047322_2242283.jpg
e0047322_22424739.jpg
e0047322_2243496.jpg
e0047322_22435541.jpg
e0047322_22441616.jpg
e0047322_22443766.jpg
e0047322_2244526.jpg
e0047322_2245872.jpg
e0047322_22452979.jpg
e0047322_003491.jpg
e0047322_22454762.jpg
e0047322_2246617.jpg


あっという間の8日間。
出発前は暑いという事で薄物ばかり持って行ったので寒くてウールのコートを買ってしまいました。
と言っても日中太陽が当たる所は35度くらいになり、太陽が落ちると10度と寒暖の差が激し
いのです。
船旅が3泊もあるからのんびりと思ったのですが何故かとっても忙しい毎日でした。
でも川の船旅って最高!海のような塩気がないのでべたつかず爽やか、両岸が見えるので安心感があります。食事も美味しくて楽しい3日間でした。
ピラミッドは迫力満点、スフィンクスは思いのほか小さくちょっとがっかり。
神殿、巨像、オベリスク、石造りの物の巨大さには目を見張ります。ミイラの保存状態、財宝の素晴らしさ、5000年前にこれだけのものを造りあげたという人間の力、今との違いは電気、ガスなどのエネルギー関係だけ,脳の構造は変わっていないと思いました。人間の能力は進歩はしていない、まわりの環境が変わってきているだけ、そしてこれから5000年後はどうなっているのでしょう???楽しみなような恐ろしいようなです。8日間良い旅行が出来て良かったです。
新婚さんが2組 いつも手をつないでいる仲の良さにこちらが恥ずかしくなってしまいましたがエジプトの彫刻は男女手をつないでいる物が多くこの辺も 今との違いは無いようです。
[PR]
by yrg00066 | 2010-12-18 22:11 | 海外旅行 | Trackback | Comments(7)

ドバイ旅行②

3日目
朝食後ビーチのホテルへ
今日から2日間宿泊するアトランティス・ザ・パームホテルは人工島パームの先端に位置する22階建て1500室を誇るドバイ最大級のリゾートホテルです。
真っ青な空にそびえ立つゲートをくぐりホテルへ。
大きくカラフルな装飾の数々、まるで水族館のようなアクアリウム、流れるプール、ウオータースライダー、真っ白なビーチ、ドルフィンベイ、色とりどりの花の散歩道、2日間ではとても楽しみきれませんでした。
朝食のレストランも2つ使えて各国の料理が楽しめます。
キングサイズの寝心地の良いベット、前日のテント泊との格差に唖然、とっても幸せを感じました。
ホテルで一休み後モノレールに乗ってモールへ。モノレールはタクシーより値段が高いのでお客さんがほとんどいませんでした。
モール・オブ・ザ・エミレーツにはスキー場があります。冬休みになっているので子供達が滑っていました。カルフールも入っているので家族ずれが目立つモールでした。
カフェで食事をしモールを見て回り夕食はフードコートで食べてホテルに帰りました。
e0047322_14391570.jpg
広い部屋でベットはキングサイズ、開き戸を開けると浴室です。
e0047322_14393513.jpg
e0047322_14401135.jpg
人工の白い砂浜の対岸は高層ビルの街
e0047322_14404312.jpg
e0047322_14405676.jpg
e0047322_14413422.jpg
イカ、タコ、ヒトデのユニークな飾りのクリスマスツリー。
e0047322_1545736.jpg
e0047322_14425920.jpg

e0047322_14535495.jpg
e0047322_14541886.jpg
部屋から見下ろした水槽では仁平鮫が泳いでいます。
e0047322_145440100.jpg
e0047322_1455086.jpg
ホテルからの夜景
e0047322_232289.jpg

4日目
オリエンタルレストランで朝食バイキング。親子丼、鮨等の日本食から、インド、中国、タイ、アラブ各国の料理が揃っていました。
チョコフォンデュも試してみました。思ったよりチョコが甘くなくて美味しかったです。
e0047322_14533713.jpg

朝食後散歩をし、水着に着替えて流れるプール、ウオータースライダーで遊んだり長椅子に寝てのんびり過ごしました。
e0047322_14411327.jpg
正面の神殿の真中にはウオータースライダー

午後にバージュ・アル・アラブへアフタヌーンティに出かけたところ予約を入れていなかったためホテルのゲートから中へ入れず断念。明日で直すことにしてドバイモールへ。ここにはスケート場とアクアリウムがありました。アラブの黒い衣装を着た女性がブランド品を気軽に買っている姿が目立ち不思議な感じです。
夕食はスケート場を見ながらタイ料理レストランで。トムヤンクン、ビーフン、チャーハン等を食べました。
e0047322_0133126.jpg
e0047322_0135259.jpg

お菓子のクリスマス飾りの前で子供がニコニコ。
e0047322_0171647.jpg


5日目 最終日
昨日入れなかった バージュ・アル・アラブへアフタヌーンティにPM1:30分からの予約を入れました。
アフタヌーンティは395ADH(約12000円)びっくりするお値段。(ロールスロイスで送迎は20000円との事です)タクシーで入口に行き名前を告げると今回は笑顔で迎えてもらえました。
ロビーに入るとその絢爛豪華さに目を見張りました。
e0047322_1754100.jpg
e0047322_181429.jpg

e0047322_1264889.jpg
赤&金の模様のエレベーターで27階へ
ガラス張りのラウンジからはドバイの街が一望できます。
パームジュメイラは確かにヤシの形、地球の形のザ・ワールドは工事中ですがなんとなくはわかります。
青い、広い海にはヨットやモーターボート。世界のお金持ちのリゾート地なのだと、その豪華さに感嘆のため息!
まずはシャンペンがそそがれホテルの形のタワーでケーキが運ばれてきます。
ゆっくり、海の青さを感じながらのティタイム、本当に優雅な時間が過ごせました。
e0047322_1254398.jpg


ドバイ 行くまではバブルが弾けて一体どうなのかと心配だったのですが 工事は確かに止まっているところがありましたが今までに作られたものの豪華さ、人が楽しく遊べるようにと人が考えて作った人工自然のスケールの大きさ、そこで優雅に遊ぶ人々、こんな生活もあるんだなと驚く事ばかりでした。
素晴らしいホテルがたくさんあるのでぜひまた泊まりたいなと思いました。
[PR]
by yrg00066 | 2009-12-25 14:44 | 海外旅行 | Trackback | Comments(3)

ドバイへ4泊7日で行ってきました。①

ドバイにいる知人がドバイショックで今年いっぱいで帰ってくるというので急遽ドバイに17日から行く事にしました。
なのにその知人が14日で帰国と決まってしまったためどうしよう???と考えたのですがもうキャンセル料金もかかるので行く事にしました。
キャセイだったので香港乗換で約15時間 香港からの飛行機にはまったく日本人がいません。ドバイ着後ホテルまでのお迎えがが来る事になっていましたがなにしろ大きい空港、かなり不安な物がありました。何とかお迎えの運転手さんと会い1泊目のリビエラホテルへ 朝7時なのでホテルへチェックインができるか不安でしたが快くチェックインができ一安心。少し横になって寝ることができ元気回復。

1日目
ドバイは金曜がすべての定休日。街はほとんどお店が閉まっていました。昼食はやっと見つけたマクドナルドですませました。
アブラというバス代りの船に乗りオールドスークに行ってみたところこの古い街だけが賑わっていました。そしてこの街をぶらぶらしているのはほとんどが男性、女性は観光客だけのようです。お店も男性ものが多いのに驚きました。ここはモロッコのようで価格も1個500円が3個500円になる交渉ができます。(もっと値切れるかもですが何しろ言葉が分かりません)
この付近は泥棒をしたら手を切られる罰があり今年は1件も泥棒がいなかったとの事です。
e0047322_12195577.jpg

午後はバスツアーを申し込み市内見学をしましたが日本人には会いませんでした。
ドバイ博物館、スパイススーク、テキスタイルスーク、ゴールドスークを見学、クリーク沿いをまわり白い砂浜のビーチで休憩。白い砂と青い海 素晴らしかったです。
ビルは工事の止まっているものもありましたが金ピカで煌びやか、華やかな街です。
e0047322_0472815.jpg

夜はホテル近くのショッピングセンターのチャイニーズレストランで中華鍋を食べました。固形スープのような物をつけて食べるのですがとても美味しかったです。
e0047322_12205572.jpg


2日目
朝食はバイキング
気温は28度 朝は雨が降っていましたが10時ころからは晴れて ホ!
街をブラブラ。地下鉄の豪華さにびっくりです。
e0047322_058153.jpg

コーヒーショップには水たばこが置いてあり紳士風の方が立ち寄ってコーヒーとともに楽しんでいました。
e0047322_105444.jpg

午後からはデザートサファリへ
4WDの車(トヨタ)で6車線の高速道路を120キロ以上のスピードで砂漠へ向かいました。
e0047322_135570.jpg

途中の休憩場では運転手さんがお祈りを始めたりさすがイスラムは信仰心が本物です。
e0047322_152531.jpg

砂漠に着くとタイヤの空気を抜き、砂地を走りやすいように準備します。
e0047322_164585.jpg

4WDで砂漠を駆け巡り壁のような砂丘を上ったり下りたりジェットコースターのようです。
車はこんな所も走れるんだと改めてトヨタの4WDの性能に感激しました。その後ラクダ牧場を見学し、
BBQディナ、ベリーダンスを見てラクダのクリスマスショウを楽しみました。
e0047322_25183.jpg

e0047322_251534.jpg

ショウ終わるとみな帰り始めました。そして残ったのは私達夫婦だけ???
端っこの小屋に小さなテントが張られていました。私達はキャンプを申し込んでいたのです。
皆キャンプなのだと思ったら違いました。残るのは私達だけ。ガイドさんが自分は車に泊まり朝食は作る、10時には電気がすべて消えると言われランタンを渡されました。私は生れて5?年で初めてののテント宿泊です。
真暗になると星がいっぱい、とても近くに感じられました。寝られないと思ったら結構寝ていて自分でびっくり!
朝になると1匹の猫がにゃーにゃー と泣き出し近寄って来てパンをあげると喜んで食べます。お腹がいっぱいになるとどこかへ消えてしまいました。猫の性格は万国共通のようです。
e0047322_2243398.jpg
e0047322_2245469.jpg
e0047322_2251791.jpg
砂漠の日の出は雄大でした。
e0047322_226295.jpg

[PR]
by yrg00066 | 2009-12-25 00:51 | 海外旅行 | Trackback | Comments(4)

台湾旅行 9/15~18 3泊4日

友達5人で台湾旅行 ホテルはアンバサダーにして3泊4日 
故宮博物館をゆっくり見て永康街を散策、足つぼマッサージ、101のビルに昇り、土林夜市をぶらぶら、九分観光、と楽しんできました。台湾はまだ30度を超える毎日、日本の夏が短かったので今回十分夏を味わうこと(?)ができました。
着いた日は「京鼎樓」で飲茶&ビールであくる日からの旅行が楽しくなるように乾杯!
e0047322_926191.jpg

2日目
故宮博物館のレストランでは飲茶を食べてお茶をいただきのんびり、眺めがよくゆっくりできます。
お値段は高めですが客層は品がよく、良い感じの場所でした。
e0047322_9265049.jpg

廸化街を歩き氷、甘味類を食べました。暑いので氷は本当に美味しかったです。
e0047322_10124569.jpg

夜は高さ508m、世界1を誇る101の高層ビルに昇り夜景を楽しみ地下の食堂で軽く夕食。セットで食べても400円ぐらいとお安くて量もたっぷりでした。
e0047322_9322127.jpg

その後半身と足の裏のマッサージ。足裏はかなり痛くてひーひー。悪いところが痛いとの事。
頭が悪い、悪いと何度も言われ、解ってはいるもののちょっとショック???
3日目
九分観光
「千と千尋の神隠し」の舞台となった九分。レトロな雰囲気のある所でした。
e0047322_034945.jpg

その後永康街を散策、衣類は日本のバーゲンのほうがお安い感じでした。
鼎泰堂で飲茶を食べました。3時くらいの中途半端な時間だったためかお店はそれほど混んでおらず美味しい小籠包をゆっくりと食べることができました GOO!。
e0047322_1032676.jpg

夜はホテルで旅行の締めくくりにフカヒレの姿煮を食べました。あまり大きなフカヒレではなかったのですが5000円はしなかったのでやはり安い。
e0047322_9424030.jpg

日々32度を超え蒸し暑い台湾で、笑って、食べて、飲んで、歩いての3泊4日でした。
日本に帰ると肌寒く秋だなと感じました。
[PR]
by yrg00066 | 2009-09-23 00:37 | 海外旅行 | Trackback(1) | Comments(8)

②九塞溝・黄龍 旅行 5/19~25 その他

旅行いろいろ

e0047322_15485021.jpg←出発時はまだ東京にはインフルエンザの発病はなかったのですが
空港は空いてマスクをかけている人が多く見られました。
上海に着くと検疫の人が赤い光の出る器具を持ち物々しい雰囲気。
                                                       e0047322_15492828.jpg


←これなんでしょう?
上海空港バスの吊皮です。
上海は今回、空港だけの立寄りですがe0047322_2326147.jpg 
おしゃれになっていました。                        
                       
           中国のポストは緑色です→


チベット舞踊
民族ダンスですがダンサーは若い美男美女揃い。
漠転、とんぼ返り、派手なアクション、長い袖を華やかに振りながらのダンス
元気がもらえるショーでした。
e0047322_2338354.jpg


川劇(芙蓉国粋) 
曲芸、操り人形、二胡演奏、手と頭で作った影絵、京劇の顔の早変わり等など、
いろいろな出し物が少しずつなので物足りなさもありましたが飽きずに楽しめました。
e0047322_23572984.jpg


食事
毎回10種類程度の野菜類の炒め物とご飯とスープ。
無味に近い物か極辛のものが多く、美味しいものは少ないけれどお腹は満腹。
お弁当は柔らかいおこしのような何とも不思議なものでした。e0047322_0103394.jpge0047322_011141.jpg e0047322_0131866.jpg

















成都の「陳麻婆川菜館」の店は美味しかったです。
麻婆豆腐は山椒で舌が心地よくピリピリ、麻婆茄子はちょっと甘酸っぱさがありました。
e0047322_016445.jpg


 ケーキの飾りも中国風                               AIR CHINA 機内食はお粥           e0047322_0464393.jpg e0047322_0314835.jpg

[PR]
by yrg00066 | 2009-05-26 23:40 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)

①九塞溝・黄龍 旅行 5/19~25 日程&景色

5/19~25日 7日間 九塞溝・黄龍に行ってきました。

①5/19 成田空港 成田(15:05)発空路(上海乗継)成都へ。
セイト(成都) 成都(22:50)着。実際は1時間おくれました。
着後、現地係員と共にホテルへ。
                                                              成都泊
②5/20 峨眉山 観光
(峨眉山でもっとも高い場所にある金頂、麓にある報国寺)をロープウェイとバスを利用し観光。
観光後、楽山へ。
夕食は楽山料理。
                                                              楽山泊
③5/21 午前 楽山観光 空路九寨溝へ。
楽山大仏を遊覧船にて全景を眺めた後、徒歩で山を登り大仏を見学しその後錦里観光。
予定では18:45の飛行機で九寨溝へ行くはずだったのですが
3時間空港で待ちその後やっと跳べたと思ったら霧で着陸できず成都に戻りました。
             成都泊

④5/22九寨溝へ  朝7:00の飛行機の予定がまたまた3時間遅れでした。
着後食事をし九寨溝観光へ 遅れたためバスでの観光が中心になってしまったのがちょっと残念。
則査窪溝観光、九寨溝最大の湖・長海、透明度随一の五彩池、 日則溝観光
鏡海・諾日朗瀑布・箭竹海・熊猫海・五花海・珍珠灘瀑布。
途中、芦葦海・火花海・臥龍海などその他美しい景観を車窓より。
観光後国営宝石屋へ。
                                                             九寨溝泊
⑤5/23黄龍へ。 黄龍観光
ロープウェイにて約3,600m地点へ。
黄龍中寺・争艶彩池・明鏡倒影池・盆景池・金沙舗池・洗身洞・飛瀑流輝・迎賓彩池など
美しい棚田状の石灰岩層を徒歩で巡ります。(約4時間)
観光後、宝石店にてショッピングをし川主寺へ。
                                                             川主寺泊
⑥5/24 朝食後、空路成都へ。
到着後、 パンダ繁殖センター観光(現在22頭のパンダがいます)
途中国営民芸品店へ。
夕食は名店「陳麻婆豆腐店」にて本場の四川料理。
                                                              成都泊
⑦5/25成都発 帰国へ
成都(07:45)発空路(上海乗継)帰国の途へ。
成田(18: 10) 着。


      峨眉山
e0047322_16195919.jpg

e0047322_16252296.jpg

e0047322_16311853.jpg


楽山
e0047322_16405321.jpg
  
e0047322_16414639.jpg


九寨溝 
e0047322_16434280.jpg
  
e0047322_16443852.jpg
 
e0047322_1645128.jpg
e0047322_1645445.jpg

e0047322_1646326.jpg
  
e0047322_16463646.jpg
 
e0047322_14061.jpg


黄龍   
e0047322_16505541.jpg
 
e0047322_16512060.jpg
e0047322_1652493.jpg


成都大熊猫繁育研究基地      
e0047322_1653585.jpg
 
e0047322_16542789.jpg
  

九寨溝は紅葉が水に映る秋の景色がすばらしく、8月はブルーポピーの中をハイキングできるのでとても混雑するとか 
5月はまだオフシーズンのため料金がお安く人が少ないのでゆっくり見ることができたので満足です。
九寨溝空港は標高3000mの所にあるため、天候が変わりやすく遅延が頻繁なようですが今回のように離陸して引き返すという事は滅多にはないようです。
そしてあくる日も飛行機が3時間遅れてこの先の旅行がいったいどうなるのかと心配でしたが
その後は天気に恵まれ雪宝頂がくっきり見えたのはとてもラッキー!
黄龍ハイキングは約4㎞、下りはきつかったので膝が笑うかと心配でしたが日頃の鍛練(?)の成果か友人も私も大丈夫でした。
ご夫婦参加の方は妻の方が元気だと夫がぶつぶつ、熟年夫婦が多かったのでそれぞれの様子が面白かったです。
旅行を楽しむには体力が大事とつくづく感じました。
 
                                                  
[PR]
by yrg00066 | 2009-05-26 15:01 | 海外旅行 | Trackback | Comments(4)

晩秋の北欧旅行

北欧に行ってきました。
もう少し遅いかな~ 紅葉は残ってるかな~と心配しつつ旅立ちました。

1日目
出発 11:40  SK-0984
コペンハーゲンで乗り継ぎヘルシンキ着 23:00(飛行機トラブルで30分遅れ)
着後バスでヴィンターへ  
時差が7時間あるため30時間以上の長~い一日でした。

2日目
バスでヘルシンキの市内観光
紅葉でなく黄葉 町中が黄色に染まっていました。
e0047322_191721.jpg


昼食後 ヌークシオ国立公園を小雨の中ハイキング
      後半は晴れたので雨上がりの中の黄葉が満喫、
      水が鏡のようでダブルに景色が楽しめました。
e0047322_19202229.jpg

足もとの草花もかわいいものがたくさんありました。
e0047322_19235194.jpg


バスでトゥルクへ行き夕暮れの街を観光後 豪華船タリンクシリヤラインでストックホルムへ
ホテルのような船室に一泊、秋休みのため夜遅くまで子供も遊んでいたのには驚きでした。
e0047322_19305614.jpg

夜に乗船、朝に下船だったため外の景色が見られなかったのは残念。
3日目
下船後ストックホルムの市内観光 まだ日の昇らない薄暗いワイデルマッシュ公園を散策。
AM8時頃、空にはまだ月が見えていました。
e0047322_1945376.jpg

e0047322_1946886.jpg

王宮、市庁舎、ノーベル賞の会場等を見学
e0047322_1954259.jpg

その後街で自由行動、デパートやお店をブラブラ、物価の高いのに驚きでした。
ストックホルムから飛行機でノルウェイ オスロへ
着後リサケルのホテルへ
4日目
オスロ市内見学
フログネル公園の人間の一生の彫刻、黄葉の素晴らしさに感動しました。
e0047322_2091694.jpg
e0047322_2085292.jpg

かわいい子供達も散歩していました。
e0047322_20305519.jpg

昼食後 バスでソグネフィヨルド地域へ
バスの窓からの景色 山には雪が積もっていました。
e0047322_20353519.jpg

5日目
朝はゆっくりだったのでホテル近辺を散歩。
フィヨルドの目の前のホテルで空気が澄んでいました。
ソグネフィヨルドクルーズへ
e0047322_2045951.jpg
e0047322_20453735.jpg

e0047322_2052120.jpg

自然によって作られたフィヨルドの間を船でのんびり見学。
これでもかというほどの美しい黄葉でした。
列車のレストランで昼食後ベルゲン鉄道でヴォスへ
緯度が上がるにつれて外は雪景色に
e0047322_2057374.jpg
e0047322_20575888.jpg


6日目
ベルゲン市内観光
魚市場には面白い魚が並んでいました。
e0047322_2185428.jpg

この日は朝から止む気配のない雨、
雨にも負けずフロイエン山の下りハイキング
山道は散歩用に舗装されていて歩きやすい道でしたが全身びしょぬれになりました。
雨の中でもパパが子供を乳母車で散歩している姿が目に付きました。
e0047322_21135788.jpg

ベルゲンから飛行機でデンマークへ
デンマークのホテルは街中だったので夕食後街を散策。
運よくチボリ公園が秋休みで開園中、ハロウィンの飾り付けがされていて賑わっていました。
ディズニーランドと比べると小さな公園ですがスリルのある乗り物がいっぱいあって時間があったらチャレンジしてみたかったです。
e0047322_2128030.jpg


7日目
コペンハーゲン市内観光
日曜日なためお店はみんなクローズ。スーパーもお休み。街が静かでした。
有名なアンデルセンの象、足のある人魚姫の像、女神ゲフォンの象などを見学。
e0047322_21351973.jpg

e0047322_21354384.jpg
e0047322_21361082.jpg

昼食後空港へ
コペンハーゲン発:15:45 SK-0983 で帰国の途へ

8日目
日本着 9:35


街じゅういたるところに木がある北欧。黄葉を10年分ぐらいみ見た気分です。
黄葉の美しさが太陽に恵まれない日が多かったので写真ではお伝えできないのが残念です。
木の多さ、人間の少なさを本当に実感しました。
食事はサーモンがおいしかったぐらいですがデザートがそれほど甘くなくて美味しかったです。
社会福祉が充実しているせいか人々がのんびりしていて活気はあまりない感じでした。
物価の高いのにも驚きでした。外食などは日本の1.5倍以上、衣類などもかなり高くて魅力的なものが少なかったです。
ユーロが安いのでブランドものはお得感が少しあるようでした。

北欧はもうオフシーズンだったためか日本人以外の団体客がいなく空いていたので
のんびり見学ができました。
6泊8日で4カ国 飛行機、鉄道、船、バスでの移動ちょっと忙しい日程。
34人のグループでどうかなと心配でしたが良い添乗員さんに恵まれ、旅慣れている方ばかりで時間は厳守、体調を壊す方もなく、楽しい旅行ができました。

旅行ができる環境に感謝、感謝です。
[PR]
by yrg00066 | 2008-10-24 19:33 | 海外旅行 | Trackback | Comments(6)

アフリカ旅行

アフリカに行ってきました。004.gif
友人からどこか行こうと誘いを受けてどこが良いかと考えていたら2人の共通して行きたいところはアフリカ。
日程、参加人数、価格などを考えてHISのアフリカハイライトに申し込みました。
ツアー人数9人 皆さん若い方ばかり 平均年齢35歳くらい。おばさんは私たちだけ。 
添乗員がちょっと親しみにくい方でしたが少人数で若い方ばかりなので速やかに良い旅行ができました。


7/23(水)成田 18:25JAL735 
成田から日本航空で香港まで約5時間 香港で乗継
    香港 23:50 SA287 香港からは南アフリカ航空でヨハネスブルクへ
     (シートの間隔が広めなのでちょっとホ!)


7/24(木)ヨハネスブルグ着 
     着いた~! ではなく、国内線に乗継 1時間45分でヴィクトリアフォールズ着

約20時間かけてやっと着きました。 
とっても小さなジンバブエ共和国ヴィクトリアフォールズ空港
VISA用入国審査カウンターも一個しかなくいかにも田舎の素朴な空港。 
着後バスでホテルへ お部屋は天蓋のあるベットと思ったらどうも蚊帳の役目をするためのようです。
オプショナルでヘリコプターに乗りました。空から見るビクトリアの滝は壮大、滝の水で虹がかかって
思わずその壮大さ、美しさにため息が。
e0047322_20351975.jpg
e0047322_2035486.jpg



夕方からザンベジ川へサンセットクルーズ観光
ビールを飲み太鼓の生音を聞きながら夕日が沈むのを眺めていたらカバの鼻がみえて大盛り上がり。
目が慣れてくると多数のカバやワニがいました。
ホテルに帰って民族舞踊ショーを楽しみながらビュッフェ夕食。
ワニ、バッファローの肉を食べました。ワニはやわらかくさっぱりしていて、バッファローは味は良いのですがちょっと顎の疲れる肉でした。
e0047322_20382598.jpg
e0047322_2038428.jpg

e0047322_20385619.jpg
7/25(金)
ビクトリアフォールズ発 ジンバブエ/ボツワナ国境を越えて、チョべ国立公園へ。
国境を越える人の行列、経済は完全に破綻状態。自国にいても職がないので職探しのようです。と環境は厳しいのに人々は明るいので不思議でした。
チョべ国立公園サファリツアー。
オープンサファリカーにて陸側よりゲームドライブ
象、インパラ、ほろほろ鳥、カバ、キリン、バファロー、イボイノシシ等を身近に見ることができました。
昨日のサンセットクルーズではカバが見えただけで大騒ぎだったのに今日はカバを見るとまたカバ~という感じになってしまい目指すは象、ライオン!慣れって怖いです。
e0047322_20403247.jpg
e0047322_2041152.jpg
e0047322_20415933.jpg

e0047322_21233230.jpg
昼食後チョべ川でボートサファリ  ボートの上から色鮮やかな水鳥、ワニ、カバ、サイ、バファロー、ヒヒ等の様子をウォッチングしました。
夜はアフリカンバーベキュー イボイノシシ、芋虫などまたまた珍しい肉にチャレンジ。イボイノシシはやわらかくてとっても美味しく、芋虫は海老のような味でした。
食べたことの証明書をもらいました。
髪の編み込み、ペインティングも楽しみました。e0047322_2059688.jpge0047322_20594042.jpge0047322_216225.jpg

e0047322_1532305.jpg

7/26(土)
ビクトリアの滝観光。
滝の大パノラマを、水しぶきでびしょびしょになりながらジンバブエ側・ザンビア川側の両国側から眺めました。
e0047322_21101031.jpg
e0047322_2112321.jpg

午後はオプショナルの像サファリに参加。
これは2時間半くらい象に乗って歩くだけ、ワニ、イノシシ、ヒヒぐらいしか出会えずちょっと残念。
象に長くまたがっていたため股関節が痛くなりました。

7/27(日)
ホテルから空港へ
空路、ケープタウンへ。
着後 中華レストランで夕食。
夕食後、シグナルヒルよりケープタウンの夜景&夜空をを楽しみました。
金、銀と少しの青色のシンプルな色合いの夜景宝石のようでした。
こんなにも星があるのかというほどの夜空、南十字星がきらめいてました。 

7/28(月)
この日は朝から晩まで目いっぱいのスケジュール。
2000頭のオットセイが生息するといわれるドイカー島へ遊覧クルーズ
岩の上にはオットセイがいっぱいでした。
ワイナリー(Groot Constantia)で試飲を楽しみ、
昼食は青い、広い海を眺めながらのシーフード。
昼食後 ジャッカスペンギンが生息するボルダービーチ観光
ヨチヨチ歩くペンギンの様子が可愛かったです。
喜望峰でケーブルカーに乗りケープポイント展望台へ
大西洋とインド洋が交じり合うところの様子が見たかったのですが
穏やかなどこも青い海、どこが合流地点かはわかりませんでした。
ダチョウ牧場へ ダチョウは食用、皮、羽、卵となんでも使えるので飼育には力を入れているようです。
そしてショッピングセンターではじめての自由行動。といっても50分弱 あせっておみやげ物を買うことができただけでした。
夕食はおしゃれなレストランでイタリアンでした。 
e0047322_2135922.jpg
e0047322_21352821.jpg
e0047322_2136232.jpg


7/29(火)~30(水)
ホテルから空港へ
ヨハネスブルグ→香港→成田
20時間かけて帰ってきました。
やはりアフリカは遠い。でもまた行きたい。
今度はぜひチータの走る姿が見たいと思っています。

前から行きたかったアフリカ。今は冬なので涼しくて避暑に行った気分です。
日本の夏がきついな~!
ジンバブエの人々は日本語を学ぶのに一生懸命、ホテルのボーイさん、象使いのお兄さん
一生懸命勉強していました。
日本人のグループにはほとんど会わなかったのですが中国人、韓国人はかなり来ていました。
ファーストクラスに中国人の子供づれの家族がいたのには驚き、中国って凄い国!とあらためて思いました。

日本は暑いだろうと覚悟していたら思いのほか涼しいのでホッ!
家はどうなっているかと心配でしたが夫が主夫に力を入れてくれたようでこれもホッ!
旅行が楽しめる環境に感謝!感謝!です。058.gif




    

 
[PR]
by yrg00066 | 2008-08-02 15:10 | 海外旅行 | Trackback | Comments(6)

トルコ旅行 ③ その他雑記

e0047322_231330100.jpg
トルコは人口日本の2分の1、国土面積2倍、都市への人口集中が進んでいて全人口に占める都市住民の割合は、2023年には90%になると予想されています。
バスで舗装された道路を走り続けても人の姿を見かけませんでした。
今回の旅行はホテルが郊外のものが多く、自由時間がなかったので夜はホテルでの時間がたっぷり。
プール、温泉でおばさん4人ワイワイ!10日間で3回も水着姿になりました。035.gif
また笑えたのは添乗員Mさん 35歳のベテランさんなのですが彼はいつも人数確認ばかり必死、ヒーフーミーヨーと数えている時に誰かが声をかけるとはじめからやり直します。ちょっと意地悪心が出て質問したりしてしまいました。031.gif彼は8ヶ国語できるというので「何語が出来るのですか?」と「日本語、英語、イタリア語、日本語????」と言いながらまたヒーフーミーヨーと指差し確認。その姿がおかしくておかしくて私たち4人を楽しませてくれました。
本当に箸が転げても笑える50代のおばさんばかり、楽しい旅行が出来てよかったです。

e0047322_23493482.jpg
アーモンドの花満開でも桜より地味でした。
e0047322_2350993.jpg
パムッカレの石灰棚は雪景色のようです。
e0047322_23521226.jpg
日本のおみくじみたいです。

[PR]
by yrg00066 | 2008-04-16 23:13 | 海外旅行 | Trackback | Comments(2)

トルコ旅行 ② 食事

トルコは三大美味料理と言われているので食事がとても楽しみだったのですが???
ヨーグルト、パン、オリーブ、ナッツ類は美味しかったけれど
団体旅行の食事だったためか美味しい料理にはあまり恵まれませんでした。
いつも香辛料が同じなので味に変化がなく、生暖かい物ばかり
野菜中心の料理でヘルシー、食べられない物はなかったけれど
是非もう一度食べたい物もありませんでした。
デザートは甘すぎるものが多かったです。
トルコアイスは店によって味が違い美味しい物もありました。
e0047322_033170.jpg
e0047322_034919.jpg
e0047322_04448.jpg
e0047322_04166.jpg

[PR]
by yrg00066 | 2008-04-16 00:13 | 海外旅行 | Trackback | Comments(3)

美味しい店、お料理、楽しかった旅行、出来事等々、自分の記憶の為に綴っています。皆様の遊びの参考になれば嬉しいです。


by YRG00066
プロフィールを見る
画像一覧