カテゴリ:美術館( 38 )

三井記念美術館 「三井家のおひなさま」4/6まで

三井記念美術館 「三井家のおひなさま」を見て来ました。

明治から昭和の時代を生きた三井家の女性達が大切にしてきたひな人形やひな道具が展示されています。人形師たちが腕によりをかけて作り出した贅を尽くしたものばかり。婚礼調度品のミニチュアのひな道具は、小指の爪ほどの小さなものにまで蒔絵や螺鈿、彫刻が施されていてただただ驚くばかり。日本を代表するセレブの方々のひな祭りの芸術性の高さに驚きです。良いものが見られたなと豊かな気持ちになれました。

e0047322_21543128.png


e0047322_22113495.png見学後東京駅まで歩き「福龍 」八重洲店でランチ
坦々麺に料理1品とデザートがついて950円。味は良いのですが熱々でないのがちょっとがっかりではありましたが、店内は中華料理と言うより落ちついたカフェのようでゆっくりできます。
女性同士のちょっとしたランチには良いお店です。
[PR]
by YRG00066 | 2014-03-08 21:19 | 美術館 | Trackback | Comments(0)

横浜美術館「プーシキン美術館展 フランス絵画300年」

「プーシキン美術館展 フランス絵画300年」
ウイークデーのの午前中なのでそんなには混んでいないと甘い考えでいったところ、チケット売り場から並んでいました。中は並んでゆっくり順々に見てゆく状態。考えたら夏休み、すっかり忘れていました。
プーシキンというのは有名なロシアの文豪の名前でモスクワにある美術館です。
帝政時代のコレクター セルゲイ・シチューキン と イワン・モロゾフ のコレクションが主に収蔵されています。
今回の話題はルノアールの「ジャンヌ・サマリーの肖像」 やわらかなピンクの背景にやさしい微笑み、光射す瞳、人気女優だったことがわかる魅力的な作品です。
ゴッホのお世話になった医師の絵は妙に目が可愛くて印象的、モデルのお医者さんは気に入らなかったとか、マティスの花の絵はバックのピンクが目に残りました。
絵に詳しくなくとも知っている有名な画家の作品の数々、個人のコレクションの素晴らしさに驚き!
もっとゆっくり見られたらとちょっと残念。
金曜の夕方が狙い目だとの事です。

e0047322_22552012.jpg


 
[PR]
by YRG00066 | 2013-08-04 23:20 | 美術館 | Trackback | Comments(0)

東京国立近代美術館「美術にぶるっ!」

1952年に日本で最初の国立美術館としてオープンした東京国立近代美術館が、12月1日に開館60周年を迎える。60周年記念に現在、日本の近代美術100年の歴史を振り返る大規模展覧会「美術にぶるっ! ベストセレクション 日本近代美術の100年」を開催中。
学生時代に美術の教科書で見たことがあるような作品が多く懐かしさを感じました。

なんで「 ぶるっ! 」なのかしら?
美術を体験すること。
 深く感動すること。
 知的に考えること。
全ての出発点である衝撃が「 ぶるっ! 」という言葉で表現されているとのことです。


e0047322_21515395.jpg


★前はクイーンアリスだった所にレストラン「ラー・エ・ミクニ」が10月16日グランド・オープン!
今日はお茶だけに立ち寄ってきました。
[PR]
by YRG00066 | 2012-11-07 21:41 | 美術館 | Trackback | Comments(0)

東京国立近代美術館&工芸館

東京国立近代美術館 「写真の現在4 そのときの光、そのさきの風」
注目すべき写真家たちの作品から、写真表現の動向を考える「写真の現在」。今回は、有元伸也、本山周平、中村綾緒、新井卓、村越としやの5人の写真家の近作、新作を紹介しています。
真っ暗の中で写真と思って画面を見つめているとゆっくり動くのが解ったり、新宿の路上生活者を5年間撮り続けた作品等‥ 不思議な世界観を感じます。
常設展は素晴らしいものばかり、教科書に載っていて名前を知っている作家が勢ぞろいです。4階の休憩所からはお堀の緑を楽しめて、東京の真ん中にいる事が不思議な気分になります。
散歩がてらに立ち寄るのにも良いなと思いました。
e0047322_23241643.jpg


東京国立近代美術館工芸館
前の工芸家達が、新たな可能性を求めたり、源流をもとめてアジアへ旅立った時代の展覧会です。非常に画期的な切り口の展覧会です。漆工品では六角紫水や堆朱楊成が取り上げられています。
周りが緑に囲まれていて、落ち着いた佇まいと外観が素敵な美しい洋館です。
4時頃からみて5時に閉館。それ程広くない展示場なので1時間でも楽しめます。
その後北の丸公園を散歩しました。
東京って緑に恵まれていて良い所だなとあらためて思いました。
e0047322_23241935.jpg

[PR]
by YRG00066 | 2012-07-11 23:16 | 美術館 | Trackback | Comments(0)

オルセー美術館展@新国立美術館

新国立美術館で8月16日まで開催中の
e0047322_8555879.jpgオルセー美術館展 2010 ポスト印象派
を見てきました。
オルセー美術館のモネ5点、セザンヌ8点、ゴッホ7点、ゴーギャン9点、ルソー2点をはじめとする絵画115点が、オルセー美術館から来日。充実した展示でした。
ウイークデーの午後3時頃なのに結構若い人が多いのに驚きました。







ランチはウェスティンホテル 中華「龍天門」e0047322_857843.jpg 
ランチセットを友人と3種類頼みシェアーをして頂きました。ボーイさんがちゃんと人数分に分けてくれるのが嬉しいです。お店の雰囲気も良く落ちついて食事ができました。





展覧会を見た後はミッドタウンのメキシコ料理 La Colina (ラ・コリナ)
でタコスとビールで暑気払い。e0047322_858114.jpg
生演奏もあるおしゃれなお店でした。
[PR]
by yrg00066 | 2010-07-29 23:27 | 美術館 | Trackback | Comments(3)

三菱1号館美術館 「マネとモダン・パリ」展にゆきました。

e0047322_1840153.jpg東京のビジネス街・丸の内に4月にオープンした三菱1号館美術館、開館記念展の「マネとモダン・パリ」展を観てきました。
この建物は明治27年に建てられた日本初の近代的オフィスビルを復元したもので赤煉瓦の外壁や重厚な内装など明治の面影が感じられて良い雰囲気です。
 美術館はレンガ造りの1号館ビルの2、3階(エレベーターで3階に上がり、
回遊しながら2階に降りる)にあり、小さな展示室が複数あります。e0047322_18414075.jpg
「美術館」の入口は、緑が豊富な中庭にあり東京の中心オフィス街 丸の内にいる事を忘れてしまいそうです。
日本でマネの作品をこんなに多数まとまった形で見ることができるのは珍しいとの事。
7月25日まで開催  お昼頃を避けた方がゆっくり見られるようです。
[PR]
by yrg00066 | 2010-07-07 18:48 | 美術館 | Trackback | Comments(2)

六本木 森美術館「医学と芸術展」

六本木の森美術館「医学と芸術展:生命(いのち)と愛の未来を探る」に行ってきました。
展覧会の趣旨は、「医学と芸術、科学と美を総合的に捉え、人間の生と死の意味をもう一度問い直そう」普段 芸術と結びつけることのないテーマを結びつけて新しい考え方を提案する。ということです。
レオナルド・ダ・ヴィンチの解剖図。絵の細密さ、字の小ささに手先の本当に器用(?)な方だったのだなと驚きました。解剖図は基本は男性、女性のものは妊娠中のものだったという事も興味深かったです。
多くの来場者が立ち止まって見入っていたのが、ドイツの写真家ヴァルター・シェルスの「ライフ・ビフォア・デス」の作品群。1歳5か月の赤ちゃんを含む2連の顔写真が4対、並んでいるのです。白黒の写真の部屋にいるとなんとも厳かな雰囲気が漂っていて考えさせられるものがありました。
e0047322_20594816.jpg


その後美術館の2フロア下にあるイタリアンのお店「メリディアーナ」でランチ。通常は「六本木ヒルズクラブ」のメンバーだけが利用出来るレストランのようですが、ランチタイムのみ一般客もOKとの事。
パスタランチはデザート、コーヒーも付いて1500円。味は普通という所ですがですが東京を一望できる眺望、サービスの良さを考えるととってもお得に思いました。
e0047322_21352230.jpg

e0047322_21355537.jpg

[PR]
by yrg00066 | 2010-02-04 21:01 | 美術館 | Trackback(1) | Comments(1)

聖地チベット-ポタラ宮と天空の至宝へ行ってきました。

皆様 本年もよろしくお願いいたします。

e0047322_2057873.jpg
暮れからお正月、大人になった子供達が来ており、
親族の新年会をしたり(本当は喪中なのですが)
楽しく、賑やかで慌ただしく、忙しい生活でした。
元旦には夫と近くの神社に初詣。
小一時間並んでやっとお参りができました。
不景気なので神頼みなのでしょうか?
例年より賑わっていたように思いました。






4日から日常に戻り今日は友人と上野で開催中の「聖地チベット-ポタラ宮と天空の至宝」に行ってきました。
展示数が多く充実した展覧会でした。
日本の仏像とは違い密教の仏像は複数の頭や手があり、そうでないものもドクロの冠などを身につけています。
全体的にどの仏像も華やかで艶かしいというか妖しい雰囲気がありその多彩な表情は見ていて飽きません。そして細工の見事さに目を見張ります。
私のように仏像に興味がない人でも楽しめました。
e0047322_20294084.jpge0047322_20295729.jpge0047322_2030137.jpge0047322_20303189.jpge0047322_930980.jpg
[PR]
by yrg00066 | 2010-01-06 20:37 | 美術館 | Trackback | Comments(5)

森美術館 「アイウェイウェイ  何に因って?」

森美術館「森美術館 アイウェイウェイ  何に因って?」を見てきました。
アイ・ウェイウェイ(艾未未)は、現代中国を代表するクリエイターの一人。
美術、建築、デザイン、出版、展覧会企画など幅広く活躍している方です。
とくに2008年の北京オリンピックスタジアム雪景でのヘルツォーク&ド・ムーロンとのコラボレーションによって国際的な評価を得られたようです。
中国の伝統を再構築した現代アートという感じでしょうか。
立体、写真、ビデオ、インスタレーションなど、いろいろ作品がありますが、中国の歴史や文化を背景として作られたものです。
過去のもの(家具や建物廃材、唐時代の陶器など)を使って、現代アートを作ったり、あっと驚く作品があったり、お茶の香りが漂ってくる作品などもあります。
それぞれの作品に作者の斬新な意識があるようで面白かったです。
たとえば作品名「一杯の真珠」直径1メートルの碗を淡水パールで満たした作品。器の中にパールが大量に入っている作品です。ひとつひとつは女性にとってあこがれのパールも、大量にあるとありがたみが薄れる。これを通じて、中国の大量生産に疑問を投げかけているのではないか?
中国といえば自転車。作品名は「フォーエバー」。42台の自転車がグルリと1周しています。今は車社会へ・・・でも、自転車が主流だった頃の気持ちを忘れないでという気持ちが込められているのでは?
音声ガイドが無料で借りられるので説明を聞きながら「えー!そうなんだ」と納得して楽しめました。
e0047322_22103128.jpg

写真撮影もOKでしたがカメラを持って行かず携帯写真しか取れなかったのが残念でした。
遅めのランチは「東京純豆腐」でスンドゥブを食べました。お値段が1000円前後とお手軽で辛くて熱くて栄養たっぷり、美味しかったです。e0047322_2383518.jpg
[PR]
by YRG00066 | 2009-11-01 20:32 | 美術館 | Trackback | Comments(4)

新国立美術館「ハプスブルク展」

e0047322_23445415.jpge0047322_23464258.jpge0047322_2347449.jpge0047322_2112770.jpg














新国立美術館「ハプスブルク展」に行ってきました。
この所テレビで取り上げられているので混雑を避けるためちょうどおひる時間のかかる11時半から見ることにしました。予想が当たってゆっくり見ることができました。
ハプスブルク家は政略結婚で勢力を伸ばした王家。展示品は主に1500年代~1700年代の絵画と、工芸品。素晴らしかったです。シャーベットを入れる器に各々の顔が彫られていたり庶民には考えられない贅が尽くされています。
明治天皇からフランツ=ヨーゼフ皇帝に贈られた画帖、蒔絵の棚など初めての里帰りとの事。保存状態が良いのに驚きました。
音声ガイドを借りた所ナビゲーターが高嶋政宏さん、舞台の台詞を聞いているような解説で落ち着きませんでしたが飽きずに聞く事が出来ました。
見終わったのは1時半、2時間ぐらいかかりました。
お腹がペコペコ、六本木ヒルズに行き中華「梅蘭」で具が中に挟まっている面白い焼きそばを食べました。
今回友人と各々同じものを頼んで失敗。焼きそばと点心を何種類か頼んだほうが飽きずに食べられて良いなと反省しました。e0047322_06455.jpge0047322_062450.jpg
[PR]
by yrg00066 | 2009-10-23 23:45 | 美術館 | Trackback | Comments(5)

美味しい店、お料理、楽しかった旅行、出来事等々、自分の記憶の為に綴っています。皆様の遊びの参考になれば嬉しいです。


by YRG00066