東京ミッドタウン「京はやしや」でランチ

友人とミッドタウンガーデン内美術館 21_21 DESIGN SIGHTで開催中の
「クリストとジャンヌ=クロード展」に行きました。
21_21の設計を手がけたのは建築家 安藤忠雄さん。折り曲げられた巨大な鉄板の屋根が地面に向かって傾斜する独創的な造形の建物で、地下に埋まっている部分が多く、中に入ると外観からは思いもよらない空間が広がっています。地上階にエントランスと受付、地下階に2つのギャラリーが。コンクリートの打ちっぱなしの壁、トイレはステンレス 細長いガラス窓で囲まれ、グレーっぽい色で統一された壁面、、とてもおしゃれなインテリアです。開催中の「クリストとジャンヌ=クロード展」はなんとも不思議な現代美術。同年同月同日二生まれた二人が力を合わせて作り上げた作品?の写真展示。橋、建物をで包んでしまいアートにする。私のような凡人には良く分からないのですが何だか凄い!という感じでした。

その後ミッドタウン内の「京はやしや」でランチ。
e0047322_2330895.jpg

ほうじ茶の香りのご飯とお漬物、白味噌のちょっと甘めの味噌汁、すべて美味。デザートのミニパフェも美味しかったです。女性同士のランチにはぴったり。女性が一人でも入りやすいお店です。
[PR]
トラックバックURL : http://akirara24.exblog.jp/tb/12362851
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 55kazamidori at 2010-03-27 15:44
この美術館、なんだか雰囲気があって素敵ですね。
ぜひ、一度行ってみたいと思います(*^.^*)
京はやしや、私もいったことがあります。
おいしかったので、ほうじ茶を買って帰ったおぼえがあります。
by yrg00066 | 2010-03-24 18:16 | レストラン(都内) | Trackback | Comments(1)

美味しい店、お料理、楽しかった旅行、出来事等々、自分の記憶の為に綴っています。皆様の遊びの参考になれば嬉しいです。


by YRG00066